フォト

HPご紹介

無料ブログはココログ

« 看板! | トップページ | オーダー家具 »

2016年1月21日 (木)

冬のトラブル

2016 1月某日
「ストーブから ピーピー音がして表示がおかしいの。」と
常連のお客様から連絡。
ついでに と 
内窓ガラス(ヒビ割れ)交換
キッチン水栓 ワンレバーに交換
給湯ボイラが調子が悪い
お風呂の戸の調子が悪い・換気扇が動いていない。
とのこと。

ストーブは20年のご老体。
残念ながら床暖房のポンプがご臨終。

部品代・工賃・分解清掃をすると
時間とけっこう費用がかかるため、
今回は思い切って、10年以上使うものだからと
燃費のいい新しい機種に交換!

とりあえず、発注に時間がかかるので
最低限、ストーブが
運転できるように調整。
3日ほどで、そのほかあれこれ
準備して 1日で作業終了。

これで今年の冬は快適に
過ごせるでしょう。

現在のストーブは各メーカー
何か異常を感知すると
火が消えるように制御されています
簡単に火災にならない代わり
火がつかないので寒くて困ります。

異常を感じたら 早めの対処を!

診断・分解清掃はお気軽に
ご相談ください。

==== 今回のお仕事 ====
FF床暖房ストーブ
 据付・試運転・撤去・廃棄込み
 床暖房マットはそのまま使用。
ワンレバー水栓(特価商材)
部材・水栓交換工事
風呂換気扇 交換工事
 部材・交換工事
ガラス交換(普通窓)
風呂ドア樹脂ガラス交換・調整
ボイラ点検 フレームアイ清掃
(20年以上古いため部品供給停止機種 次回交換工事検討)
Ufh703rx
今回交換したストーブ
画像は、サンポット石油暖房機・床暖房カタログより拝借。
微小運転(一番小さい燃焼)でも火が見えるので暖かい。
DAIHACHIおすすめ!

ちょと余談

最新式のストーブの良いところ
・燃費がいい
・点火が早い
・消火が早い(ガス化灯油ストーブは 瞬間消火)
・あれこれセンサー制御で 異常を感知したら すぐ消火
 (火災になりにくい)

最新式のストーブの悪いところ
・ストーブ内にほこりが溜まる。
 フレームロット(火が着いているか確認している金属の針金)に
 汚れがつく などで異常を感知すると、
 (本体が壊れているわけでは無くても)
 原因を取り除くまで 火が着かない。
 知識のない人(大多数の方)だと
 寒いからとりあえず火をつけること(緊急避難措置)ができない。
 必ず メーカー・修理店に対処を依頼しなければならない。
 (自分で清掃できない。 出張修理費がかかる)

« 看板! | トップページ | オーダー家具 »

最近の写真

  • Dscf2080
  • Dscf2071
  • Dscf2070
  • Dscf2067
  • Img_0030
  • Dcf00011
  • Dscf2033
  • Dscf2032
  • Dcf00219
  • Img_0041
  • Dscf5189
  • Dscf5190